富士登山 富士登山レンタル 富士山

富士登山のはてな?

富士登山にまつわるはてなを解消していきます

富士登山で高山病にならないためにはどうしたら良いのですか?

富士山登山ガイド兼店長のあっし~です。

 

以前うちのスタッフが
『高山病』になぜなるのかという事をお話しいたしましたが

 

今回は富士登山の天敵
『高山病』にならないためには

どうしたら良いのかをご紹介いたします。

f:id:LaMont:20150629124937j:plain

 

高山病はなぜなるのかというと
『高所における気圧の低下に伴う酸素摂取量の減少という』のが原因です。


※これには諸説あります

ようは血中酸素が少なくなると

まずは頭痛からはじまり、次に手足のしびれや吐き気などを伴います。


ではどうやったら『高山病』にならないのか!

これは絶対に全員が防止するというのは大変難しいですが

しかし予防できるようにすることはできます。

それはどうするかというと

一番重要なキーワードは『酸素』です!

先ほどもご説明しましたが
高山病は血中酸素が欠落しておこることが多いです。

要するにそれを補ってあげれば良いという事です。

 

私が富士登山のガイドをする時にも
一緒に登られる方に、必ず言っている事がございます。

それは
『深呼吸しながら歩いてくださ~い!』
という事です。
(もう本当に何回も何回もです(汗))

富士登山をする際
大抵の方が無心で歩いているせいや
あとは岩場を登る際に息んだりして
呼吸が浅くなったりし、徐々に徐々に体内の酸素が減っていきます。

それを補うには
一番いいのは『深呼吸』なのです。

『深呼吸』をすることで体内に酸素をたくさん取り入れ

体内の酸素を補う事がとても大切なの事です。


たかだか『深呼吸』とバカにする方もいらっしゃいますが
この『深呼吸』が富士登山の高山病予防には絶対不可欠なのです。

でもこの『深呼吸』をしながら歩くというのが

なかなかできないんです・・・
なぜならみなさん無心になってこの『深呼吸』を忘れてしまいがちなのです。

これまで色々な方をガイドしてきまして
これの深呼吸をできる方とできない方で
高山病になるかたとならない方がわかれます。


だからといって深呼吸ができないからって

見捨てるわけではございません。
このような方たちに役立つのが『酸素缶』なのです。

酸素缶についても諸説ございますが
主にリフレッシュ効果を得られるというふうに言われていますが

上記のように呼吸が薄くなってしまう方などには

7合目以降の休憩時で

必ず高山病になる前から『酸素缶』で体内の酸素を補うようにするのも

高山病を予防する方法の一つでもあります。

 

LaMontで酸素缶ももちろん販売しております。

レンタルと一緒にご注文も可能です。


『深呼吸』と『酸素缶』で

高山病にならないようにご注意していただき

楽しい富士登山を!


※高山病については諸説ございますので参考までに。


lamont.jp